So-net無料ブログ作成

初音ミク ままま式あぴミク [フィギュアレビュー]

タイトープライズの初音ミクを、ニコノスニッコール80mmで撮影してみました(^^)

miku10.jpg
 
6月ごろにGETしていたプライズですが、ようやく開封することが出来ました(^^;
このプライズに関しては色々と個体差があると言う情報があったので少し心配してましたが、特に問題なる様なことはなく良品の個体を引けたようでほっとしています♪

miku11.jpg

miku12.jpg

miku13.jpg

miku14.jpg

ポーズが少々地味な印象ですが、ミクさんの特徴は良く捕らえていて造形は申し分なく、塗装に関してもプライズとしては十分以上のクオリティだと思います(^^)

最近はプライズのクオリティとしてはもはや十分過ぎるようになった事ですので、今後メーカーさんに望むべくは個体差をなくすようにして頂けるとユーザーとしては不安要素がなくなるので嬉しいのですけどねw

miku15.jpg
歌いだす直前の緊張感のある表情と言った感じでしょうか?
凛々しい感じのミクさんも良いですね(^^)

miku16.jpg
パーティカルラインが処理されていないのは、プライズなのでここは仕方ない所(^^;

miku17.jpg
衣装の皺表現などかなり凝っていて凄いです♪

miku18.jpg
微妙な胸のサイズの表現など見事としか言いようが無いです(≧◇≦)

miku19.jpg
メタリック塗装や、ディテールなどもかなり頑張っていますね(^^)

miku20.jpg
中までも拘りが見られる逸品ですw

miku21.jpg
左肩の「HATSUNE MIKU」のプリントもしっかり再現されてますよ!


今回の撮影機材
SONY NEX-3N + NIKKOR 80mm f/4 + Nikon COLSE-UP NO.5T
※マウントアダプター・フィルター径変換リング併用
全てJpegで撮影して撮って出しの縮小のみ
撮影絞りは最初にある全身画像の4枚はf/8、残りは全て開放


■ ニコノス用 NIKKOR 80mm f/4 ■


今回の使用レンズは手元にあるレンズの中で、フイルム時代のニコンの水陸両用カメラ用のニッコールレンズです。デジタル化されることなく、使えなくなっていたレンズを救済するためにマウントアダプターを買ってきて使ってみました。
マウントアダプターに関しては、DMC-G1登場後に出て買ってみた安価な製品のあまりの粗悪さに、それ以降はメーカー製(カメラメーカーやレンズメーカー)以外の安価なマウントアダプターは信用できなくて買っていなかったのですが、このアダプターに関しては焦点工房から出ていて調べたところそれほど悪くなさそうなので買ってみました、アダプターに関しては特に問題もなく及第点ってところでした。

nikkor804.jpg
Nikon D60 +AF-S Micro NIKKOR 40mm f/2.8G / RAWで撮影して「Nikon View NX2」で現像

ちなみに装着した雰囲気はこんな感じです(^^)
このレンズを知らないとかなり見慣れないスタイルだと思いますが、銀色のノブがピントリング、黒色のノブが絞りリングに相当します。かなり厳つい外観ですね、当然のごとくライカ版をカバーしているレンズなので、(アダプターが対応していればの話ですが・・・)α7系だと似合うかもですw

フイルム時代にはこのレンズを開放で使うなんて考えられないものでしたが、まさかこのレンズの画像を見ながらピントが合わせられる時が来るなど思いもしませんでしたよ(^^;
レンズそのものは最短撮影距離が1mとあまり寄れなくて、NEX-3NのAPS-C(ライカ版換算で1.5倍)サイズセンサーで120mm相当になってもあまり撮影倍率は上がらないので、今回の撮影ではステップアップリングを併用してニコンのCOLSE-UP NO.5T を併用しています。

nice!(23) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。