So-net無料ブログ作成

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」が発表されました(^^) [カメラ&写真]

ニコン、ボケ味と点像再現性にこだわった大口径レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4 G」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131017_619791.html

yui_581.jpg
写真に意味はありません(^^)
 
 
欲しいけど高過ぎて無理\(^O^)/
 
まぁ、でもその内欲しいですね(^^)
DXフォーマットだと丁度良いポートレイトレンズになりそう♪

ニコンファンには有名すぎるnoctの再来と言われているレンズ、f/1.4なのは何気に寂しいけどこれでこの価格ならf/1.2だといったい幾らになるのか((;゚Д゚))ガクブル



58mm(5.8cm)と言う焦点距離はニコンのFマウントレンズとしては3本目ですね。

1本目は「Nikkor-S Auto 5.8cm f/1.4」
1960年に発売された、ニコンFマウント用としては初のf/1.4の明るさを持つレンズ。
ニッコール千夜一夜物語によると当時の技術では50mmでf/1.4のレンズはバックフォーカスが確保できずやむなく5.8cm(58mm)になったらしい。
1962年に後続の「Nikkor-S Auto 50mm f/1.4」にバトンタッチしたので生産期間は短かったようですが、レアと言うわけでもなく中古ショップを巡回w していると時たま見かけますね(^^)

2本目は「Noct-Nikkor 58mm f/1.2」
有名すぎるレンズで中古相場もえらいことになっているレンズですねw
その内欲しいな~って思っていた憧れのレンズでしたが、
いつしか生産中止になって今では定価よりも高くなってしまって(^^;
もはや買える値段では orz

で、3本目が今回発売の「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」
自分的にはまた憧れのレンズが1本増えた・・・、って感じです(^^;



■ Nikkor-S Auto 5.8cm f/1.4

そんな事を書いて居たら、手持ちの「Nikkor-S Auto 5.8cm f/1.4」を久しぶりに使いたくなったのでD5000に装着して唯にゃんを撮影して見ました(^^)

優しく微笑んでいてくれる感じの唯にゃん、ほんとに可愛いわぁ(*´ω`*)ウットリ

yui_582.jpg
ちょっと大人しそうで清楚な感じの唯にゃん、たまにはこういう雰囲気も良いですね[揺れるハート]
でも裸エプロンだったりするところは、やっぱり唯にゃんだよw

このレンズの発売は1960年ですから半世紀以上も前のレンズなのですが、なかなか良い写りをします。ニッコール千夜一夜物語によると絞り開放では「全体に紗をかけたような描写である 」と書かれているように柔らかな描写ですが、ポートレイトには良いかもですね(^^)

作例では全体的にコントラストは低めで柔らかな画ですが、それでいて髪の毛一本一本も描き出す繊細さが同居した描写とボケ味も柔らかくて優しい感じのする、お気に入りの一本です[るんるん]



今回の撮影データ
Nikon D5000 + NIKKOR-S Auto 5.8cm f/1.4 / 全て絞り開放で撮影
RAWで撮影して「Nikon View NX2」で現像




Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G Fマウント フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G Fマウント フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: ニコン
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(21) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます